このエントリーをはてなブックマークに追加

豆乳の「乳癌を予防する効果」と「乳がんを誘発する作用」について

豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」には乳癌を予防する効果があります。

 

反対に「乳がんを誘発してしまう作用」について話題になることがありましたが、過剰に心配する必要はないでしょう。

 

国立がん研究センターの研究結果からも明らかになっているように、サプリメントなどを異常なほど摂取したり、大豆イソフラボンを継続して大量に摂取したりしない限り乳癌発症のリスクは低いと考えられています。

 

下記の国立がん研究センターの見解を見てみます。

 

国立がん研究センターの見解

 

今回の研究では食事からとれる範囲で血中濃度について検討しましたが、高い濃度でも乳がんリスクの上昇は見られず、むしろリスクの低下が見られました。したがって、食事から摂取する範囲ならば、少なくともイソフラボンをよくとる人で乳がんのリスクが高いということはないと考えられます。

 

引用元:国立がん研究センター(血中イソフラボン濃度と乳がん罹患との関係について

 

このように、普段の食事から摂取する範囲であれば乳癌のリスクは低いと言われています。

 

 

では「豆乳(大豆イソフラボン)がどのようにして乳癌予防に役立つのでしょうか?」豆乳の乳癌予防効果についてみていきます。


 

大豆イソフラボンは植物から摂れる女性ホルモン

 

大豆イソフラボンは植物性エストロゲンとよばれ、女性ホルモンのエストロゲンと似たような構造をしています。そのため豆乳などの大豆製品は体内で「女性ホルモンと同じような作用」をすると言われています。

 

大豆イソフラボンは「植物から摂れる女性ホルモン」として女性の体をサポートします。

 

大豆イソフラボンが女性ホルモンをサポート!乳癌を予防します

 

乳癌の発生や再発には「女性ホルモンの過剰分泌が大きく影響する」と言われています。

 

それに対して、豆乳(大豆イソフラボン)は体内で女性ホルモンを、

  • 少ない時は補い
  • 多い時は減らす

効果があります。この作用については下記の図が分かりやすいかと思いますのでご覧になってみてください。

 

大豆イソフラボンの作用
▲出典:だいずデイズ

 

大豆イソフラボンの作用が女性ホルモンのバランスを整え、乳癌を予防すると考えられています。

 

では、なぜ「豆乳に乳癌のリスクがある」と言われるのでしょうか?その理由について紹介します。

 

なぜ、豆乳に乳癌を誘発する作用があると言われているの?

 

冒頭でもお話したように、乳癌の発生や再生には「女性ホルモンの過剰分泌の影響が強い」と言われています。

 

そのため、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを過剰に摂ると「乳癌を誘発する作用があるのでは?」と言われているのです。

 

確かに、「乳癌の発生」と「女性ホルモンの過剰分泌」には因果関係があると考えられていますが、適量の大豆イソフラボンには女性ホルモンを増減させる作用があるため予防効果の方が強いと考えていいでしょう。

 

大豆イソフラボンの推奨される1日の上限摂取量は、こちらの記事(豆乳の飲み過ぎに注意 | 豆乳「イソフラボン」の過剰摂取は危険です!)でも詳しくご紹介していますが、

1日上限摂取量は「豆乳約600ml(コップ3杯分)」

です。

 

ただし、この量を1度や2度オーバーするとただちに健康被害が起きるのかというとそうではありません。

 

これ以上の量を毎日継続して長期間(数年単位)で摂取してしまうと「乳癌発症のリスク」やその他「健康的なバランス」を考えても注意が必要だということです。

 

ただ、それよりも乳癌発生のリスクとしては、以下のようなものに注意した方がよいかと思います。

 

乳癌発生リスクがありそうな人の特徴(国立がん研究センターより抽出)

 

乳癌発生リスクについては、日本の癌研究における権威「国立がん研究センター」より発表されている内容を参照するといいでしょう。

  • 生理的な要因
  • 治療薬や医薬品の要因
  • 体格や習慣による要因

の、3つの要因について紹介します。

 

乳癌発生の生理的な要因

  • 初経年齢が早い
  • 閉経年齢が遅い
  • 出産・妊娠経験がない
  • 高齢出産
  • 母乳を与えたことがない

 

出産や授乳など女性ホルモンのバランスが大きく影響していることが伺えます。

 

治療や医薬品による要因

  • ピル(経口避妊薬)の服用
  • 閉経後のHRT(ホルモン補充療法)

ピルとは、擬似的に妊娠状態を作り出して避妊するもので、ピルの中には女性ホルモン剤が含まれています。HRTは更年期障害の緩和に効果のあるホルモン療法ですが、乳癌やその他の癌の発症に影響すると言われています。

 

乳癌になりやすい人

  • 背が高い
  • 閉経後の肥満
  • お酒を飲む習慣がある
  • 母親が乳癌患者

統計的なデータですが、このような状態に当てはまる人は要注意です。

 

参照元:国立がん研究センターがん情報センター(11.乳がん

 

まとめ

 

豆乳は本来カラダのバランスを整える「健康飲料」です。特に大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きをすることから、

などの効果が期待できる成分です。

 

1日3食のうちどこかに豆乳をコップ1杯飲むだけでも充分です。積み重ねることでバランスの良い生活が送れるようになれるでしょう。

 

大豆イソフラボンの過剰摂取もそうですが、偏った食生活にはさまざま危険が潜んでいます。その点を考慮して日々の食事に注意を向けることで高血糖や高コレステロールなど、動脈硬化の予防となります。

 

さきほども少しだけ触れましたが、実は、豆乳には「高くなったコレステロール値」を下げる効果のある商品があります。特に「トクホ」に認定された商品は「効果と安全」が国から承認されているのでおすすめです。

 

コレステロール値が気になる人や、次の健康診断が不安な人、ついつい甘いものを食べてしまう人はこちらの豆乳がおすすめですのでぜひ詳細をご覧になってみてください。

 

 

おすすめの豆乳

 トクホに認定された豆乳「ハイ!調製豆乳」

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加