このエントリーをはてなブックマークに追加

低糖質豆乳飲料の効果と口コミ

 

低糖質豆乳飲料

 

個別ディスプレイ低糖質豆乳飲料

  • 糖質90%OFF
  • 腹もちバッチリ!
  • ココナッツオイル配合
  • 美容成分もたっぷり

価格 容量 おすすめ
1,950円

1本当り162円

200ml×12本入り

4玉〜5玉分

 

低糖質豆乳の詳細を見てみる

 

 

 

低糖質豆乳飲料の特徴

 

「無理なダイエットをしていませんか?」
オリジナルのファスティングなど自己流のダイエットで栄養が偏ってしまうと体調を崩してしまったり余計に太ったりしてしまうことがあります。上手なダイエットとは「必要な栄養素を上手に摂取して健康的に痩せる」ことが大切です。

 

ダイエットの敵「糖質90%カット!」

 

低糖質豆乳はその名の通り「糖質が充分にカット」されています。マルサンアイ自社製品換算で「糖質を90%カット」

 

ダイエットの天敵とも言える糖質を大幅にカットした低糖質豆乳は、「オレンジジュース」よりはるかに少ない糖質に抑えられています。

 

ドリンクの糖質を比較
  • オレンジジュース:10.5g
  • コーヒー牛乳:7.2g
  • 牛乳:4.8g
  • 低糖質豆乳:0.3g

低糖質豆乳は「糖質を制限したい人」におすすめのドリンクです。

 

ただし、ダイエットには必要な栄養素をバランスよく摂ることが大切です。低糖質豆乳には栄養が偏ってしまわないようさまざまな栄養成分が含まれています。

 

低糖質豆乳で必要な栄養素を摂取
  • 植物性たんぱく質・・2.5g
  • イソフラボン・・13mg
  • 食物繊維・・4g
  • 鉄分・・0.3g

低糖質豆乳の代表的な栄養成分です。

 

植物性たんぱく質は「大豆製品」に多く含まれている栄養成分でコレステロールを下げる作用があります。女性ホルモンと似たような働きで美容効果が期待できるイソフラボン。

 

おつうじを良くする便秘解消効果のある食物繊維や不足がちな鉄分はミネラル補給に最適です。

 

 

 

低糖質豆乳の詳細を見てみる

 

 

低糖質豆乳の効果と口コミについて

 

「低GI食品」という言葉をご存じでしょうか?

 

GIとはGlycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食後血糖値の上昇度を示す指標のことです。

 

玄米や大豆、全粒粉小麦パンなどの低GI食品には「食後の血糖値の上昇を抑える効果」があるほか、ダイエットや肥満対策に最適だと言われています。

 

2003年にWHOから「過体重、肥満、2型糖尿病の発症リスクを、低GI食品が低減させる可能性がある」というレポートが出される

 

引用元:大塚製薬(そもそもGIってなに?)


大豆製品である豆乳は低GIであるため、腹もちがよく体重が気になる人や血糖値が高めな人には最適な食品です。

 

美容効果のあるバージンココナッツオイルを配合

 

低糖質豆乳には「美容効果のあるバージンココナッツオイル」が配合されています。

 

バージンココナッツオイルには、トコトリエノールと呼ばれる成分があります。トコトリエノールはビタミンEの一種でお肌のハリやツヤ、カラダの内側から元気にしたい人におすすめの成分です。

 

バージンココナッツオイルは、カラダに溜まる余分な油を作らせることを防止する特別な作用があるため「健康と美容」を目指す方には必見の成分です。

 

低糖質豆乳の口コミと評判

 

低糖質豆乳飲料に関しての口コミを紹介します。

 

「低糖質とは思えないほど甘みがあった」
「低糖質だとわからないくらい美味しい」
「食欲がわかない朝食に飲むことが多い」
「値段が手頃なので、たまに購入しています」
「美味しいです。小腹が空いたときにも向いてます!」

 

低糖質豆乳は朝食と一緒に飲むことで腹もちもよく、ダイエットに適した豆乳です。みなさん同じような目的で続けられているようです。その他にも、「子供に飲ませたら喜んだ」「想像してたより飲みやすい」など、お子さんや豆乳に苦手意識のある方でも飲まれているようです。

 

 

低糖質豆乳の詳細を見てみる

 

 

 

低糖質豆乳飲料のデメリットって?

 

良いことづくめの低糖質豆乳飲料にも物足りない部分があったり、誰にでもおすすめできたりするものでもありません。ここでは低糖質豆乳飲料のデメリットについて紹介します。

 

大豆成分が少ない

 

低糖質豆乳飲料には、調製豆乳は純粋な豆乳よりも含まれる大豆成分が少ないです。豆乳飲料や調製豆乳、純粋な豆乳は農林水産省が定める規格によって、「大豆成分が含まれている割合」によって呼び方を分けています。

 

詳しくはこちらのページで紹介していますが、低糖質豆乳飲料は3つの分類のなかでも「豆乳飲料」分類され、含まれる大豆成分が少ないです。

 

 豆乳の「調製 無調整」ってなにが違うの?混じり気なしの「無調整」が体に良いという3つの誤解

 

大豆は、コレステロールを下げる効果や低GI、糖尿病を防ぐ効果が期待される分、低糖質豆乳飲料に含まれる大豆成分では少し物足りないと感じる方もいるかもしれません。

 

豆乳が苦手な人はやっぱり無理かも?

 

豆乳独特の青臭さや、ザラザラ感が苦手だという人は多いです。牛乳は飲めても「豆乳はダメ」という方が多く、そのような方には低糖質豆乳飲料は合わないかもしれません。

 

低糖質豆乳飲料には、大豆成分以外にも甘味料やココナッツオイルなどが含まれているため、大豆独特な風味や味は薄れていますが、敏感な人は苦手かもしれません。

 

低糖質豆乳飲料はどんな人におすすめ?

 

低糖質豆乳飲料は、ダイエットや糖質を気にしている人におすすめできる豆乳飲料ですが、全ての人におすすめできる商品でもないです。口コミや配合成分を元に分析してみたので参考にしてください。

 

こんな人には合わないかも・・・
  • 大豆にアレルギーがある人
  • 大豆成分を摂りすぎている人
  • 豆乳の味に敏感な人

 

こんな人におすすめ
  • 間食をやめたい人
  • 糖質を制限したい人
  • 血糖値が気になっている人

 

低糖質豆乳は「お試しで糖質を制限してみたい」「どうしても間食がやめられない」という人に最適な豆乳飲料です。興味がありましたらこちらから公式サイトをぜひのぞいてみてください。

 

 

 

「低糖質豆乳」公式サイトを見てみる

 

 

 

低糖質豆乳の総評

 

低糖質豆乳はダイエットに最適な豆乳でもあれば、お肌のハリやツヤが気になる女性にもおすすめしたい豆乳飲料です。

 

 

1本125ml入りのパックが12本で1,950円です。1本当たり163円なので手軽に始められるかと思います。

 

それでも「絶対に損したくない!」というのが本音だと思いますし、1本163円ならペットボトルのジュースより高い買い物です。

 

万が一お口に合わなかったり、思ったような効果が得られなかった場合にはまるごと損してしまいます。でも、そういう時は低糖質豆乳なら「返金制度」が利用できるので安心です。2週間以内であれば全額返金をお願いできるので安心です。

 

低糖質豆乳の公式サイトはこちらから詳細が見れるようになっていますので、今後のダイエットを成功させるためにもぜひご覧になってみてくださいね。

 

 

低糖質豆乳の詳細を見てみる

 

このエントリーをはてなブックマークに追加