このエントリーをはてなブックマークに追加

豆乳には体臭をケアする効果があります

最近自分のニオイが気になっている人や、身内などにニオイを指摘されたと言う場合には、体臭ケアが最適です。スキンケアも必要になりますが、食事で体臭を抑えることもできます。そのような時に役立つのが豆乳です。

 

豆乳には体臭を抑制する効果がある

 

豆乳には、体臭を抑えるための物質がたくさん含まれています。まずはイソフラボンです。イソフラボンは女性ホルモンと作用が似ているので、ホルモンバランスを整えて過剰な発汗を抑えてくれます。

 

ホルモンバランスや自律神経が乱れてくると汗をかきやすくなったり、汗が出にくくなったりといろいろな問題があります。また過剰な男性ホルモンの分泌も汗をかきやすくなるので、イソフラボンで女性ホルモンの作用が強くなれば多汗にも効果的です。

 

また豆乳にはレシチンも含まれています。レシチンは汗が出てくる線でもある汗腺をスムーズに働かせてくれます。これによってベタベタした汗をかきにくくなり、ニオイもあまりしなくなります。

 

体臭が強くなる原因とは

 

もちろん普段から清潔に気を配ることは、体臭を強めない方法として有効です。ですが、根本的な体臭が強くなってしまうケースがあります。

 

例えば比較的菜食や魚を食べることが多い日本人に比べて、欧米人の体臭は強くなります。これは肉を多食していることにも関係があり、体臭の強さは食べているものにも関わってくるのです。

 

参考:【体臭対策】日本人と外国人のワキガや体臭についての考え方の違い

 

近年では日本でも欧米と同じような食事をすることが増えてきており、体臭は強くなる場合もあります。また人種や食品などの関係だけではなく、年齢によってニオイが強くなることもあります。

 

加齢臭と呼ばれるもので、基本的には男性のイメージが強くなっていますが女性でも年齢に応じて体臭のケアは行っていかなければなりません。男性は比較的汗をかきやすいことからニオイが強くなりがちですが、加齢によって汗の成分は変わってくるからです。

 

女性はいつから体臭を気にするべきか

 

女性であっても、40代に入った頃から体臭チェックや加齢臭対策は行っておくことが大切です。もちろん食生活によってもニオイの強さは違ってきますし、体臭が薄い人もいます。

 

加齢臭の原因は、主に汗が酸化してしまうことです。豆乳はビタミンEなどのアンチエイジング向けの栄養素もたくさん含まれており、加齢臭の対策としても適しています。汗をかきにくいと思っていても、ベッタリとした汗は気づきにくくなります。

 

できるだけ普段からスキンケアや食事に気を配ることで、汗のニオイを弱めることができるのです。

 

ニオイはなかなか自分では気づきにくいものなので親しい人にそれとなく聞いてみたり、清潔感を大事にしておきましょう。加齢臭などはなかなかごまかしにくいニオイになってしまうので、できるだけバランスの取れた食事と豆乳で対策しておくのがベストです。

 

体臭の対策として豆乳を取り入れる

 

豆乳は飲むことで、体臭が対策できます。ホルモンバランスのことを考えるなら、200mlのパック1本程度が最適と言えるでしょう。また他の食材と合わせても、更に体臭対策の効果を高めることができます。

 

例えばスムージーに豆乳を入れることで、ビタミンをバランス良く摂取できるようになります。野菜だけでなくアボカドやナッツ、レモンなどを活用すれば効率的にビタミンEやビタミンCを取り入れることができるでしょう。

 

豆乳は野菜やフルーツとの相性も良く、まろやかで優しい味にしてくれます。糖分の摂りすぎなども防ぐことができますし、ハチミツやメープルシロップなどを混ぜれば美味しく飲むことができます。

 

 

体臭の原因も考えておこう

 

一般的な体臭としては、汗のニオイやその人個人が持つニオイがほとんどです。そのような体臭であれば、豆乳などの食品やスキンケアで予防することは可能です。まずは自分のできることから始めましょう。

 

ですが病的なほどニオイが強いと感じる場合には、何らかの原因がある場合もあります。腐敗臭やアンモニアなど、普通とは違うニオイがしている場合には一度健康状態をチェックしてもらうことも大切です。

 

どこに行けば良いか分からない場合には、総合的に診てくれる大きな病院を訪れると良いでしょう。

 

まとめ

 

豆乳は体臭を抑えるための効果が高く、ホルモンバランスを整えるイソフラボンや汗のニオイを防ぐレシチンなどが体臭対策に役立ってくれます。ホルモンバランスを整えれば自律神経なども自然と整ってきますし、男性ホルモンの過剰分泌も防げます。

 

豆乳は加齢臭の対策にも効果的です。ビタミンEなどの抗酸化作用が高いビタミンが多いこともあり、汗が酸化するのを予防してくれるからです。もちろん他の野菜やフルーツなどと混ぜて飲めば、更にビタミンCなども効率良く摂取することができます。

 

もしも自分の体臭が汗などではなく、普通ではないニオイだと感じた時には病院で相談することも大切です。健康状態によっても、体臭が変わることがあるからです。

 

あまり自分では気づきにくい体臭ですが、できるだけ清潔を心がけたり豆乳を取り入れて体の内側からケアをすることで対策を行うことは可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加