このエントリーをはてなブックマークに追加

豆乳に含まれる糖尿予防に効果的な成分

なぜ、豆乳は糖尿病の予防に適しているのでしょうか?

 

その理由は、豆乳に含まれている多様な成分です。また大豆から作られている豆乳はとてもヘルシーで、油や糖分を取りすぎている人にも向いています。

 

無調整豆乳であれば糖分も含まれておらず、料理にも使いやすいので糖尿病予防には最適でしょう。もちろん砂糖を使わずに甘みをつけた低カロリー豆乳もあるので、糖尿病を予防したい人の強い味方になってくれます。

 

糖尿病に対する豆乳の効果的な成分

 

豆乳に含まれているのは、

 

だけではありません。大豆特有のポリフェノールであるイソフラボンやサポニン、そして大豆タンパク質も豆乳を語る上で外せないものです。

 

特に糖尿病予防を考えた場合には、血糖値を上げずに栄養を取り込むことが基本です。豆乳には糖質があまり入っておらず、他の腹持ちの良い飲料や食品に比べて低カロリーであることも魅力です。

 

 

大豆イソフラボンってどんな成分?

 

糖尿予防において、大豆イソフラボンは知っておきたい成分です。研究なども進められており、糖尿病との関わりを調査したものなどもあります。結果としては特に女性に効果的な成分であると言うことが分かっています。

 

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと同じ働きをするため、女性への影響が強い栄養成分です。

 

また高脂血症の原因となるコレステロールを下げてくれる効果もあるので、糖尿病予防には最適な成分となっています。肥満や高血圧、コレステロールの増加などは糖尿病とも深い関わりがあります。

 

 

サポニンは血糖値の上昇を防いでくれる成分

 

糖尿病予防に良いとされている理由は、サポニンが血糖値を上げにくくしてくれるからです。

 

サポニンは水に入れてシェイクすると泡が出てくる性質があり、多様な植物に含まれていることで知られています。大豆食品などで研究も行われており、食後の血糖値が上がりにくくなることは動物による実験などで確認されています。

 

植物性の大豆タンパク質

 

糖尿病を防ぐためには、炭水化物を少なめにしてその他の栄養素をバランス良く取ることが大切です。中でもタンパク質は重要な成分ですが、大豆タンパク質は植物性であり、糖尿病などのカロリーを気にしなければならない疾患の予防に最適です。

 

糖尿病予防におすすめの豆乳レシピ

 

糖尿病予防におすすめの豆乳レシピとして、野菜をたっぷり入れたポタージュやスープがあります。普通のスープよりも飲みごたえがあり、野菜だけでも満足感が高まります。もちろん鶏のささみなど、低カロリーで高タンパクな食材を利用するのもおすすめです。

 

豆乳を入れることでコクがでますし、あっさりとした食事が続いている時には良い息抜きになるでしょう。抵糖質な豆乳を使えば、糖尿病予防に最適なシチューなども作ることができます。

 

まとめ

 

糖尿病は先天性と後天性があり、後天性のものは食生活や自分の生活スタイルを見直すことで予防ができます。豆乳は糖尿病を予防するために最適な成分もたくさん含まれており、大豆イソフラボンやサポニンの効果でコレステロールや血糖値のコントロールが可能です。

 

糖尿病は予備軍の間であれば、食生活の改善などで糖尿病に進行することを予防できます。血糖値の上昇が気になる人や、食生活の乱れを感じている人は豆乳を取り入れたレシピなどで改善を目指していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加