このエントリーをはてなブックマークに追加

豆乳には更年期障害を緩和するチカラがあります

豆乳に含まれるイソフラボンには、辛い更年期障害を緩和させる効果が期待できます。

 

更年期障害の症状は、女性ホルモンであるエストロゲンの働きを下げないようにすれば、急なホルモンバランスの変化も起こりにくく症状も和らぎやすくなります。もちろんいつまでも若々しくいたい人にも、ホルモンバランスを整えることは有効です。

 

豆乳にはエストロゲンと似た働きをしてくれる「イソフラボン」が豊富に含まれています。

 

豆乳イソフラボンの更年期障害を緩和させる効果

 

イソフラボンの主な働きは、エストロゲンと同様のものです。

 

イソフラボンがエストロゲンと同じような化学式の物質であることからこのように考えられています。イソフラボンは植物性の物質で大豆製品に含まれていることが特徴です。

 

エストロゲンがどのように働くかと言えば、生理を起こすだけではありません。骨を強くしたり皮膚や粘膜に潤いを与える作用もあり、女性らしい体を保つためにも大切な要素です。

 

イソフラボンを取り入れることで、更年期を快適に過ごすためのきっかけを作ることもできます。もちろん更年期に関わらず、ホルモンバランスが乱れている場合にはイソフラボンが効果的です。

 

また女性ホルモンが正常に働くようになれば肌なども美しくなり、加齢に負けない美容効果を得ることもできます。豆乳はイソフラボンだけを摂取するのではなく、他にもバランス良く栄養価が含まれています。

 

普段の健康を意識する上でも役に立つ飲み物なので、更年期障害を改善する目的以外にも利用することができます。

 

更年期障害は植物性エストロゲンでリカバリー

 

更年期にはエストロゲンの働きが低下するために、更年期障害として症状が出ることも珍しくありません。

 

40代後半になると、閉経に向けて女性ホルモンの分泌も少なくなってきます。ホルモンの分泌が完全に落ち着けば、更年期の症状も出にくくなります。ですが、それまでの期間はホルモンバランスの変化が起こりやすく、体もエストロゲンなどのホルモンを出そうと頑張ってしまうので、いろいろな不具合が出やすくなるのです。

 

更年期障害の主な症状として、目まいや耳鳴りがあります。またほてりを感じることもあります。これらの症状は、更年期になってホルモンバランスが乱れがちになることで起こりやすくなるのです。

 

ホルモンバランスが乱れると、自律神経も崩れることが増えてきます。そのため多くの症状が現れるようになり、更年期障害の症状は人によって違います。ホルモンバランスの乱れにも差があるので、個人差も大きくなるのです。

 

そのため、植物性のエストロゲンである豆乳を毎日の日課として取り入れることでホルモンバランスの乱れを正すことができます。

 

豆乳にはコレステロールを下げる効果があります

豆乳に含まれる成分は、コレステロールを抑えるために有効です。例えば食物繊維は過剰な栄養が吸収されるのを抑えてくれますし、イソフラボンはエストロゲンの効果を高めてコレステロールを上げないようにしてくれます。

 

また大豆に含まれるタンパク質は、肝臓で胆汁の成分とくっついて体の外に出ていきます。この時、肝臓では再び胆汁を作ろうとします。

 

コレステロールは胆汁を作るために必要な成分なので、肝臓はコレステロールを血管から取り入れることになります。つまり、体の中にあるコレステロールが使われることになるのです。

 

更年期にはコレステロールも上がりやすくなる?

 

更年期障害とはまた別に、更年期にはコレステロールが上がりやすくなることも特徴です。エストロゲンは動脈硬化の原因となるコレステロール値の上昇を抑える働きをしています。

 

引用元:徳島県医師会「更年期障害 −投与法は体質などで−

 

そのため更年期に対策を行っておかないと、エストロゲンが低下してコレステロールが上昇しやすくなるのです。イソフラボンは、エストロゲン低下を補うための栄養素として期待されています。

 

どのくらい飲むのが効果的?

 

いろいろな効果があってたくさん飲みたくなる豆乳ですが、イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするため過剰に取りすぎるのはいけません。ホルモンは少しの量でも体に影響するため、豆乳は1日に小さなパックを1本飲むくらいでちょうどいいのです。

 

食事のバランスを整えるためにも、普段あまり大豆製品を取る機会がない人が積極的に利用するのが最適です。もちろん豆乳1パックであれば、他の大豆製品を食べていても取り過ぎにはなりません。

 

 

まとめ

 

更年期障害は、加齢に伴ってエストロゲンの分泌が低下してくることで起こります。ホルモンバランスが乱れることで自律神経なども刺激されることになり、ほてりや目まい、耳鳴りなどが起こることが増えるのです。

 

もちろん更年期障害には個人差があり、ホルモンバランスの変化や感じ方によっても差があります。出てくる症状も人によってさまざまです。

 

豆乳にはイソフラボンが含まれていて、エストロゲンの働きをサポートします。そのため急なホルモンバランスの乱れが少なくなり、更年期を快適に過ごしやすくなるのです。またその他の栄養素もバランス良く含まれているので、更年期には最適です。

 

更年期になればコレステロールも上がりやすくなるので、コレステロールを抑える効果のある豆乳を取り入れて、健康を維持することを考えていきましょう。

 

豆乳には、「コレステロールを下げる効果がある」と国から認められたトクホ(特定健康食品)の商品もあります。効果を確実なものにするのであれば、そういった商品を選ぶといいでしょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加