このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビを治したいなら豆乳を飲むと良い?

 

 

女性であれば、生理前にニキビができやすくなることも多いでしょう。生理周期によって、肌の状態が変わってしまうことはよくあります。豆乳は、そんなホルモンバランスの変化に対応するためにも最適な飲み物です。

 

豆乳は、乱れやすい女性のホルモンバランスを整える効果があります。

 

それによってニキビにも効果を発揮しやすいのです。もちろんニキビを治すために必要な栄養素もたっぷり含まれているので、普段の肌荒れから生理周期に関わる肌荒れまで対処することができます。

 

ニキビの原因を知ることが大切

 

そもそもニキビができるのには、いくつかの原因があります。ひとつは思春期にありがちなニキビですが、これは思春期頃になると脂分が分泌されやすくなるからです。また成長期でもあるのでいろいろなホルモンが活発化して、ニキビの原因になります。

 

最近では、大人の女性でもニキビに悩まされることが多くなっています。その原因にはストレスやホルモンバランスの乱れもありますが、生活習慣や食習慣も関わっています。直接的な原因は、皮膚の状態にあります。大人ニキビも思春期のニキビも、毛穴が詰まってしまうことが直接的な原因です。

 

毛穴を詰まらせないようにしようと思えば、まずは皮脂などの分泌を正常にすることが大切です。食事で美容に良い栄養素を補給したり、ホルモンバランスを整えることで皮脂の分泌も過剰にならなくなります。豆乳はたくさんの栄養素を取れるので、ニキビにも効果が出やすいのです。

 

豆乳に含まれるイソフラボンとは

 

豆乳に含まれているイソフラボンは、エストロゲンと同じような作用をします。もちろん女性の体で働くホルモンはエストロゲンだけではなく、ホルモンのバランスが重要です。豆乳を飲みすぎるとひとつのホルモンが過剰になるので、バランスを取るためには適量を飲むことが大切です。

 

イソフラボンの摂取量上限は、70〜75 mg/日です。メーカーによっても異なりますが、他の大豆食品などを食べることを踏まえると豆乳は1日200mi程度が最適です。また、大豆製品に含まれるイソフラボンに関しては、安全性も確認されています。

 

大豆食品を食べることによる大豆イソフラボンの健康への有害な影響は、現時点では確認されていません。大豆食品は、良質なタンパク質を含み、またカルシウムなどにも富む、重要な栄養源の一つです。日本で行われた追跡調査の結果では、通常の食生活で大豆食品を食べることは、まったく大豆食品を食べない場合に比べて、健康に有益であることが報告されています。

 

引用元 :農林水産省「大豆及びイソフラボンに関するQ&A

 

豆乳にはニキビ対策に効果的なビタミンもたっぷり

 

豆乳にはビタミンEやビタミンB群も含まれています。どちらの栄養素も肌を整えるために活躍するものです。肌が生まれ変わるサイクルを正常にしてくれるので、ニキビを治していく上でも大切な栄養素になります。

 

肌荒れの原因は豆乳で解決

 

豆乳が肌荒れを解消してくれるのは、ミネラル類なども豊富に含まれていて栄養バランスの良い食品だからです。ビタミンやイソフラボンの効果で肌を整えながら、食物繊維やマグネシウムなどの成分が整腸作用を促し、便秘改善にも効果的です。

 

食事に取り入れる上でも飲めば良いだけなので、手軽に一品として追加できるのが魅力です。朝ごはんや夕食後などのリラックスタイムに取り入れることで、肌荒れにも効果を発揮します。もちろん睡眠をたっぷり取ることや、洗顔をしっかり行うことも大切です。

 

豆乳はニキビを治すためのサポートをしてくれる食品と考えて、自分のライフスタイルも少しずつ変えていくことで効果が高まります。

 

毎日続けるなら豆乳はいつ飲むのがおすすめ?朝と夜のメリット・デメリットについて

 

まとめ

 

ニキビの原因は、ホルモンの活性化や生活習慣の乱れによる皮脂の過剰分泌です。これを改善するために、豆乳は役立ちます。豆乳には肌を正常に保ってくれるイソフラボンやビタミンなどがたくさん含まれています。イソフラボンは女性ホルモンを整える効果もあるので、生理前のニキビなどにも効果的です。

 

またミネラルも豊富で食物繊維も含まれているため、体の中に老廃物を残さないようにします。肌荒れには腸の状態も関わってくるので、豆乳を飲むことで多角的な面からサポートができます。飲み物なので手軽に取り入れやすく、飲む量も1日200mlほどが最適です。

 

豆乳を取り入れながら毎日の生活習慣を見直し、洗顔などもきっちり行うことでニキビの症状を軽減していくことが可能です。

 

参考ページ

 

豆乳の亜鉛含有量 | 豆乳を飲めば厚生労働省が勧める亜鉛の摂取量を補える?

 

豆乳でカルシウム補給 | カルシウムを上手に摂って丈夫な骨つくり

 

生理中のダイエットには豆乳がおすすめ! 痩せやすいカラダをつくる2つの効果

このエントリーをはてなブックマークに追加