このエントリーをはてなブックマークに追加

女性はコレステロールが高くなりやすい?

コレステロールが高いと言うと中年男性のイメージもありますが、実は女性もコレステロールが高くなりやすい傾向があるのです。

 

主な原因として更年期などのホルモンバランスの乱れや、糖分と脂質の多いおやつなどをたくさん食べることが挙げられます。

 

それでも若い女性のうちはダイエットなども意識しておりホルモンバランスも安定しやすいので、それほどコレステロール値が上がることは少ないでしょう。脂肪が落ちにくく、ホルモンバランスも乱れがちな更年期に差しかかった頃に上がってくるパターンが多くなっています。

 

健康診断ではコレステロール値をチェックすることも多いため、気になっている人も多いのではないでしょうか。豆乳は女性のコレステロール値を安定させるために、いろいろな面からサポートしてくれます。

 

 

女性が注意すべきコレステロールの種類

 

女性が主に気をつけておかなければならないのは、LDLコレステロールと呼ばれる悪玉コレステロールです。

 

なぜ、注意が必要かというと、甘いものや運動不足などで上がりやすいのが、LDLコレステロールだからです。

 

健康診断でも単なる総コレステロールだけでなく、2種類のコレステロール値が記載されていることがあります。それがLDLコレステロールとHDLコレステロールです。

 

この2つのコレステロールはそれぞれ、悪玉と善玉と呼ばれることもあります。LDLコレステロールが悪玉コレステロールと呼ばれ、HDLコレステロールは善玉コレステロールと言われているのです。この差は何なのかと言うと、各コレステロールの役割の違いです。

 

  • LDLコレステロール=悪玉
  • HDLコレステロール=善玉
  • 総コレステロール=悪玉と善玉を足した数値

 

HDLコレステロールは血管の中を掃除してくれますが、LDLコレステロールは血管の中に溜まっていく性質があります。もちろんコレステロールは一定量必要なものですので、正常値に収まっていれば問題はありません。

 

下げすぎる必要もありませんので、適度に気にすることが大切です。ただし現代人の食生活はコレステロール値を上げやすいものであることは、理解しておきましょう。

 

コレステロールが増える原因と対策について

コレステロールが増える原因についてはいろいろとありますが、更年期前後の女性は女性ホルモンのバランスの崩れなどが主な原因となることがあります。

 

コレステロールが増える原因

 

女性のコレステロールが増える原因は食事や運動にもありますが、ホルモンバランスにも左右されます。そこで、豆乳を飲むことが効果を発揮します。豆乳にはコレステロールが過剰に吸収されることを防いだり、イソフラボンの効果でホルモンバランスを安定させてくれるからです。

 

もちろん正常値内でのことであり、LDLコレステロールとの比較をした場合の話です。女性の場合にはLDLコレステロールが上がりやすいこともあり、HDLコレステロールを上げていくための取り組みもした方が、より健康を保つのに効果的でしょう。

 

HDLの数値が高ければ動脈硬化を抑えることができます。HDLコレステロールを増やすポイントは、禁煙、運動、脂肪分の少ない食事です。HDLは喫煙で減ってしまいます。適度な運動は、中性脂肪を減らしHDLを増やしてくれます。

 

引用元:日本医師会「健康の森」 http://www.med.or.jp/forest/check/kensa/kessei/

 

コレステロールを抑える対策とは

 

コレステロールを抑えるためにはいくつかの対策方法があります。食事の見直しや定期的な運動の他に、豆乳を飲むことも効果的な方法になります。それではそれぞれの対策方法について、詳しくご紹介しましょう。

 

食事を見直す

 

コレステロールを抑えるために、どのように食事を見直せば良いのでしょうか?まず基本はコレステロールが高い食品の量を減らすことです。卵が使われた食品や生クリーム、うなぎなどの魚類や魚の肝臓、そして肉類に含まれることが多くなります。もちろん食事でコレステロールの高い食品を取っているからと言って、必ずコレステロールが上がるわけではありません。

 

コレステロール値が高くなるのは、その人の生活習慣にも関わってきます。食事と必ず直結するわけではなく、現状では上限値なども定められていません。なるべく健康的な生活を心がけることで、コレステロール値も気にならなくなるでしょう。

 

定期的な運動をする

 

運動をすることで善玉コレステロールを上げながら、悪玉コレステロールは減らすことができます。コレステロールが体に溜まることを防ぐためには、軽い運動でも定期的に続けていくのが最適です。

 

豆乳を飲む

 

豆乳を飲むことで、食事などで摂取したコレステロールが吸収されにくくなります。穏やかにコレステロール値を下げたいなら、役に立つ飲料です。手軽に始められることも魅力となっています。

 

 

コレステロールが増えやすい時期はいつ?

 

女性のコレステロールが増えやすくなる時期は、閉経が近づいている更年期頃になります。何故ならこの頃になると、エストロゲンが少なくなってくるからです。エストロゲンはコレステロール値を抑える効果があるため、女性は高年季になるまであまりコレステロールの上昇を感じることは少なくなっています。

 

もちろん、ホルモンバランスが乱れ気味の女性ではコレステロール値も上がりやすくなります。そのため豆乳などでエストロゲンの効果を高めつつ、コレステロールの吸収を抑えることが大切なのです。

 

まとめ

 

女性でも、コレステロール値が上がりやすくなる時期やケースがあります。それはホルモンバランスが乱れた時や更年期などでエストロゲンの分泌が低下した時です。この時にはLDLコレステロールが上がりやすいため、コレステロールを抑える対策が必要です。

 

コレステロールを抑えるためには健康的なバランスの良い食事や運動、そしてコレステロールを抑えながらホルモンバランスを改善することにつながる豆乳を取り入れていくことも効果的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加