このエントリーをはてなブックマークに追加

豆乳に含まれる糖質の量とは

豆乳に含まれている糖質の量は、他の食品に比べてとても低くいです。

 

甘みをつけた豆乳は少し高くなりますが、糖質を抑えてカロリーなども低くした商品も販売されています。

 

 

 

 

 

例えば、豆乳100gに含まれる炭水化物は3.1gです。そして、ご飯100gに含まれる炭水化物は37.1gとなります。糖質は炭水化物や砂糖などの糖分に比例して高くなるので、単純計算だけでも豆乳はご飯の10分の1以下しか糖質がないと言うことが分かります。

 

ちなみに牛乳の炭水化物は4.8gですが、牛乳には糖分も含まれているので実質の糖質は高めになります。

 

参考元:「日本食品標準成分表

 

豆乳は糖質ダイエットにぴったり

 

糖質がない飲み物はお茶や水などたくさんありますが、豆乳は糖質が少ないだけでなく他の栄養素も豊富です。腹持ちも良くお腹が減った時に摂取することで、空腹が紛れます。そのため豆乳は、糖質ダイエットをしたい人のサポートをしてくれます。

 

豆乳は、ダイエットをしている時の栄養不足なども補ってくれます。ダイエットをする時によくある食物繊維の不足や、タンパク質不足なども解消してくれるのです。

 

糖質ダイエットってどんなダイエット?

 

「糖質と言うくらいだから、砂糖を控えるダイエットじゃないの?」と考えている人も多いのではないでしょうか?

 

実は、それ以外にも糖質を含んでいるものがあります。ご飯やパン、うどんなどの炭水化物にもたくさんの糖質が含まれているのです。

 

糖質ダイエットは砂糖などの糖分や、炭水化物を控えるダイエットになります。つまり控えなければならないのはケーキや和菓子などのお菓子だけでなく、主食も抑えなければなりません。それは難しいと思った時は、豆乳を取り入れるのもひとつの方法です。

 

豆乳を水代わりに飲むのではなく、おやつの代わりにすることも有効です。また普段牛乳を使っている料理に豆乳を使うだけでも、糖質をカットできます。

 

そもそも糖質は「人間のエネルギー」になるものです。そのまま使えるので、食物として取り入れればすぐに動く力として利用できます。そのため糖質は、ある程度の量なら大切な栄養になります。

 

ですが、食事がきちんと毎日3食取れるようになった現在では、糖質の過剰摂取が問題になっています。糖質ダイエットをすることで効果的に体重を落とすことができますし、血糖値の上昇も防ぐことができます。

 

糖質ダイエットは一体どんな人におすすめ?

 

糖質ダイエットをした方が良い人とは、血糖値が気になる人や肥満を解消したい人です。

 

また、カロリーを抑えることで食べる量が少なくなるのはイヤだと言う人にも向いているでしょう。糖質ダイエットは糖質の量さえ控えることができれば、それほど多くの制限はないからです。

 

食後は、血液中に流れる糖分の割合が急激に上昇します。血糖値が急激に上がることで血管などに負担をかけやすくなります。この負担を減らすためには、糖分を控えることが最適です。糖質ダイエットをすれば糖分があまり入ってこないので、その分血糖値の上がり方も緩やかになります。

 

甘いものや炭水化物が大好きで完全にやめられない人でも、ちょっと小腹が空いた時に豆乳を飲めば糖質を抑えられます。厳格に全て取り除くことをしなくても、過剰に摂取している分を減らしていくことでもダイエットは始められます。

 

糖質制限の人が豆乳を飲む時のポイント

 

糖質制限をしなければならない人は、食品に入っている糖質量をチェックしなければなりません。もしも糖質量が書いていない場合には、砂糖や炭水化物の項目を調べておきましょう。大体のことは分かります。

 

豆乳には、無調整豆乳と調製豆乳、それから豆乳飲料があります。基本的には砂糖の入っていないタイプを選ぶのが、糖質ダイエットに欠かせないことです。

 

豆乳の選び方

 

まずは無調整豆乳です。この豆乳には糖分が入っておらず、大豆由来の炭水化物が入っているだけです。そのため糖質ダイエットに適した飲料となっています。また糖質オフの調製豆乳もありますので、飲みやすさを重視するならそちらを選びましょう。

 

ダイエットの時は甘いものが飲みたくなることもあるので、そのような時に活用することもできます。

 

カロリーや糖質を抑えた豆乳は、無調整豆乳よりも糖質ダイエットに向いていることがあります。自分が甘みのあるものを飲みたいかどうかにもよりますが、うまく使えばダイエットが効率よく進められるでしょう。

 

ダイエット以外にも、中性脂肪やコレステロール値が気になる方はこちらを参考に豆乳を選んでみてください。

 

 

 

 

まとめ

 

糖質ダイエットは、砂糖や炭水化物などの糖質を控えるダイエットです。血糖値を抑えたい人や、太り気味の体型が気になる人に向いています。豆乳は多少の炭水化物が含まれていますが、栄養成分の豊富さと腹持ちの良さもあり糖質制限に適した飲料です。

 

糖質はエネルギーとして使われるので、人間の体にとって効率の良い栄養源です。しかし最近の日本人は糖質を取りすぎている傾向もあり、血糖値の上昇や肥満を招くこともあります。そのような場合には、おやつや食事に豆乳を取り入れるだけでも手軽に糖質をが抑えられます。

 

糖質ダイエットに豆乳を利用したいなら、無調整豆乳か糖質オフタイプの豆乳を選びましょう。甘いものが好きな人なら、糖質やカロリーを減らした調製豆乳を利用することで糖質制限もやりやすくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加