このエントリーをはてなブックマークに追加

豆乳はいつ飲むのがおすすめ?朝と夜のメリット・デメリットについて

豆乳を飲むなら、時間帯を問わず毎日摂取することが最適です。

 

毎日続けるなら豆乳はいつ飲むのがおすすめ?朝と夜のメリット・デメリットについて

 

もちろん各時間帯によって、効果はそれぞれ違います。どのような目的があるかによって時間帯やタイミングを変えるのは良いことですが、継続することが何よりも重要です。

 

豆乳は、いつ飲むかによってその効果が変わります。時間帯やタイミングを気にすることによって、効率的に栄養を摂取することが可能です。何故なら人間の体は時間帯やタイミングによって、吸収の効率などが変化するからです。

 

自分のライフスタイルに合わせて、飲みやすい時間帯に取り入れることで上手く豆乳の効果を得ることができます。就寝直前などの極端な時間帯でなければ、好きな時に飲んでも構わないでしょう。

 

ですがどうせ豆乳を飲むのであれば、効果的な時間帯を狙って飲む方が健康や美容にも良くなります。毎日飲むことを前提として、タイミングなどにも気を使っていきましょう。基本的にはお腹が空いている時に飲むことで、腹持ちも良くなります。

 


 

ちょっと小腹がすいた時におやつとして活用したり、食事の前に飲むのも食事量を減らすのに効果的です。効果的な時間帯についても、多くの人が気になるところだと思います。それでは、豆乳を飲むタイミングとして最適な時間帯を紹介していきましょう。

 

朝に豆乳を飲むメリットとデメリット

 

では、朝に豆乳を飲むメリットとは何でしょうか。それは胃腸を刺激する効果が得られる点です。朝は排泄に向けて体が動き始めています。そのため、朝食前に豆乳を飲むことで食欲を増進させたりすることもできます。また、スムーズな排便をしたいのであれば朝に飲むことも良いでしょう。

 

 

人間は夜寝ている時に肌の修復や体の脂肪を燃やす活動を行うため、朝に飲んだ場合には、その時間を過ぎてしまっています。肌を美しくしたい場合や、脂肪燃焼効果を狙って豆乳を飲もうと考えているなら、朝の時間帯を選ぶのはデメリットになります。

 

夜に豆乳を飲むメリットとデメリット

 

就寝前に豆乳を飲むことで、ダイエット効果が期待できます。何故なら寝ている間に脂肪燃焼を行うため、豆乳の成分でもあるサポニンが効果を発揮するからです。サポニンは肥満を防ぐのに効果的な成分なのです。

 

ただし、夜に飲む時はある程度、量や時間帯に気を配る必要があります。あまりにも就寝直前になれば胃腸に負担がかかりやすいので、気をつけておきましょう。寝る前のリラックスしている時間や夕食後のデザート感覚で飲むのも良いでしょう。

 

夜飲む時にはあまり糖分を入れすぎないように気をつけて、ゆったりとした気持ちで飲めるものを選択しましょう。温めて飲めばリラックス効果もあり、眠りにもつきやすくなります。甘みが欲しい時には、はちみつなどで調節するのがおすすめです。

 

 

豆乳は毎日飲むのがおすすめ

どのような時間帯に飲むとしても、豆乳は毎日続けることが基本になります。

 

もちろん飲み過ぎもいけませんが、1日1パック(200ml)なら毎日続けても問題はありません。豆乳は日本人の体に合う大豆製品なので、吸収もしやすく栄養効率もいいのです。大豆をあまり取らない人でも、豆乳1パックで栄養のバランスを整えてくれます。

 

豆乳を毎日飲んだ方がいい理由

 

効果を実感し続けるためには、毎日摂取することが効果的です。豆乳を飲む理由は人それぞれですが、お通じの改善や美肌効果、ダイエットなどがあります。これらの効果は、豆乳の摂取をやめることでなくなってしまいます。数日間だけ飲んでやめてしまっては、効果が出る前に終わってしまうことにもなります。

 

まずは、効果が出るまで続けてみましょう。毎日飲むことによって、栄養の補給にも効果的です。

 

毎日飲む上で気をつけること

 

豆乳が体に良いからと言って、飲み水のように利用するのは避けましょう。

 

調製豆乳なら砂糖なども含まれていますし、無調整であっても大豆の取りすぎにつながることがあります。基本は1日200mlのパックを1〜2本程度を目安に考えておきましょう。

 

多少超えていたからと言って即座に問題があるものでもないので、柔軟に考える程度で問題はありません。豆乳も普通の食材のひとつなので、他の食材とバランスが取れていれば良いからです。豆乳を飲みすぎたと思えば、食事で大豆製品を減らしておくなどの工夫をしましょう。

 

また、飲むタイミングを間違えてしまったからと言って豆乳の効果が全てなくなるわけでもないので、自分の飲みやすいタイミングで飲むことも大切です。決まった時間に飲むようにすれば忘れることもないですし、安定した効果が得られます。

 

まとめ

 

豆乳は飲むタイミングによって効果が変化するので、意識しておくことが大切です。ですがそれよりも毎日少量ずつを継続することの方が大切なので、まずは毎日続けることを考えておきましょう。

 

飲む量などにも気をつけて、1日1パック程度を目指すのが最適です。豆乳の効果を得たいのであれば、それぞれの時間帯などの効果も知っておきましょう。朝なら胃腸を活発にしてくれますし、夜ならダイエットなどに効果的です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加