このエントリーをはてなブックマークに追加

豆乳を飲むタイミングでもっとも最適な時間帯はいつ?

豆乳は夜に飲むことで、美容効果が高まりやすくなります。

 

具体的には脂肪燃焼効果を高めてダイエットに向いていることや、肌の修復に効果的であることが特徴です。豆乳を飲んで美容に役立てようと考えているのなら、夜に飲むのが最適です。

 

 

豆乳を飲むことで得られるメリットはたくさんあります。その中でも美容効果は多くの女性に期待されているポイントです。豆乳には女性ホルモンの働きをサポートするイソフラボンなども含まれているため、女性を美しくする効果が高いのです。豆乳の効果を余すことなく得ようとするなら、まずは夜に飲むことを考えてみましょう。

 

飲む時間帯で考える豆乳の効果

豆乳は飲む時間帯を変えることで、さまざまな効果を発揮します。ダイエットをしようとしているなら、お腹が空いてしまった時に少量の豆乳を飲むようにすれば腹持ちが良くなり、食べ過ぎを防ぐことができます。食事の前に飲むことで食欲抑制や、吸収率を高める効果も期待することができます。

 

豆乳を朝飲むなら

 

豆乳は朝飲んでも、悪いことはありません。例えば朝は食欲がなくて朝食を食べない人や、忙しい人に最適です。タンパク質などもたくさん取ることができますし、飲み物なので胃腸にも優しいことが魅力です。朝の方がライフスタイル的に合うのであれば、朝に飲んでも良いでしょう。

 

朝食にもよく合いますし、コーヒーなどに混ぜればまろやかな味わいになります。

 

豆乳を夜飲む時に気をつけること

 

豆乳を夜飲むなら、就寝前がベターです。もちろん就寝前と言っても、寝る直前ではありません。寝る1?2時間前に豆乳を飲むことで、ダイエット効果を得ることができます。夜にカロリーを摂取することが気になる人でも、3時間前なら全く問題ありません。

 

寝ている間に豆乳に含まれる成分が働くことで、朝起きた時には美容効果を実感できます。お肌にも良いですし、食物繊維なども含まれているので朝のお通じも促してくれます。夜中にお腹が空くことも防ぐことができますし、ちょっとしたデザートのつもりで利用するのが良いでしょう。

 

ダイエット中の女性でも、豆乳1パックくらいであれば太る心配をしなくても良いはずです。むしろ豆乳に含まれている脂肪などは、脂肪燃焼効果が期待できるので他の食品を取るよりもダイエットに最適なのです。また、豆乳のカロリーは高くないので、夜飲んでも消化しやすくお腹に残りにくくなっています。

 

 

豆乳は夜飲むと太るってホント?

 

豆乳は夜に飲んでも、適量であれば問題ありません。もちろん砂糖をたっぷり入れたりすれば太る原因になりますし、カフェインが含まれているものなどと一緒に飲めば睡眠にも影響します。ですが豆乳自体のカロリーは200mlのパックを1本飲んでも100kcalに満たない程度です。

 

豆乳を夜飲むと太ると聞いて、飲むのをやめている人がいればそれはとてももったいないことです。豆乳に含まれる成分は脂肪を燃やす手助けをしてくれるので、他の飲み物に比べて太りにくいことが特徴です。夜に飲めば睡眠中に脂肪を燃やしてくれます。

 

きちんと飲み方に気をつければ、女性に嬉しい美容効果を感じることができるのです。もしも夜に豆乳を飲むのが心配なら、料理に使うことも考えてみましょう。脂肪が体に蓄積しないように、豆乳がサポートしてくれます。

 

夜に飲んでも太らないコツ

 

豆乳を夜飲んでも太らないようにしようとすれば、1パック程度の適量を守ることです。どうしても気になるなら低カロリーの豆乳を利用したり、無調整豆乳を飲むなどの工夫をしても良いでしょう。ですが豆乳だけで太ることはほとんどないので、安心して飲むことができます。

 

体に優しい豆乳の飲み方

 

夜に豆乳を飲むなら、体の冷えのことや消化吸収のことも考えて温めるのがおすすめです。

 

温めておけば十分に豆乳に含まれている美容成分を体に浸透させることができ、冷えを防ぐことで健康にも役立ちます。

 

温かい豆乳を毎日飲むことで、生理前や生理中の不快感も和らげることができます。体を温めることも効果的ですし、豆乳の持つホルモンバランスを整える力も味方につけましょう。くつろぎたい時には自分の好きな紅茶やココアなどに入れて飲むことで、ストレス解消にもつながります。

 

 

まとめ

 

豆乳を飲むタイミングとして最適なのは、夜です。

 

夜に豆乳を飲めば、豆乳に含まれる美容成分が寝ている間に働いてくれます。豆乳を効率的に吸収したいなら、吸収率の良い夜に飲むのが効果的です。

 

もちろんダイエット中などでカロリー摂取が気になる場合であっても、豆乳は低カロリーで太る原因にはなりにくい飲み物です。眠る2〜3時間前なら胃腸に負担もかかりません。1時間前くらいまでは、飲み物程度ならそれほど負担にはならないからです。

 

飲む量を1パックにしておけば、太らずに豆乳の美容効果だけを実感することができます。まずは夜に豆乳を飲んで、ダイエットや美肌を作るために活用していきましょう。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加