このエントリーをはてなブックマークに追加

豆乳の独特の青臭さが苦手だという人は多いです

豆乳に苦手意識を持っていませんか?

 

豆乳に苦手意識を持っていたりまずいと感じたりする人の大半は、成分無調整の豆乳を飲もうとしている人ではないでしょうか?

 

豆乳は大豆からできている飲み物なので、独特の豆の風味が残っています。それが苦手と言う人も多く、最初に飲んだものによってはずっと苦手意識が残ってしまうこともあります。

 

豆乳が苦手でも、飲み方によって美味しく飲む方法が見つけられます。もしもあなたが豆乳を飲みたいけれど味の面で続けられないなら、ちょっとした工夫でそれを変えることは難しくないのです。

 

最初に飲んだのが無調整豆乳なら、まずは調製豆乳をはじめてみましょう。こちらは豆乳が苦手な人でも飲みやすいように、砂糖などが添加されています。油なども含まれているので、無調整豆乳にありがちなドロドロ感もありません。

 

 

豆乳を美味しく飲む2つの方法をご紹介

 

自分なりのアレンジレシピを作ることで、豆乳を美味しく飲む方法を見つけることもできます。自分の好きなものと混ぜたり、合いそうなものを見つけるなどして工夫をしていきましょう。

 

最初は豆乳飲料のような、大豆成分が少ないものからトライするのも方法のひとつです。

 

どんなアレンジレシピが良いのか分からない方は、以下を参考にしてみて下さい。豆乳が飲みにくいと感じる人でも飲みやすいように、そのまま飲む以外の方法を紹介します。

 

何かと混ぜてみる

 

豆乳の味が苦手な人に向いているのは、他の飲料に豆乳を混ぜてしまうことです。

 

特に飲料の味が強く、豆乳の癖を消してくれるようなものがベターです。豆乳が苦手な人は、独特の豆の風味をまずいと感じる人が多いので、他の飲料で打ち消してしまえば飲みやすくなります。

 

果汁100%のジュースなどはその代表です。果物の爽やかな甘みで、豆乳の癖が消えてミルキーな味わいになります。自然な酸味と甘みがあるので、飲みやすさも抜群です。甘い飲み物に豆乳を加えれば、喉越しも良くなります。冷たい飲み物なら匂いなども気にならないでしょう。

 

 

健康促進効果を期待しているなら、野菜ジュースなども使ってみましょう。市販の野菜ジュースにはフルーツが含まれていることが多く、豆乳の癖を消しやすいのです。ビタミンやミネラルなどの補給にもなりますし、朝食などに活用してみましょう。

 

どうしても癖が気になるなら、牛乳と割って飲むこともできます。どちらの良さも出る飲み方なので、豆乳のドロっとした感じが苦手な人は試してみましょう。

 

料理に使ってみる

 

豆乳の味が苦手な人でも、お菓子や料理に使われている場合にはそれほど気になりません。豆乳を飲んで大豆製品を食生活に取り入れていきたい人は、毎日の食事などに利用してみることも考えていきましょう。

 

例えば、グラタンやシチューなど普段牛乳を使って仕上げているものを豆乳に変える方法があります。これならチーズやシチューのルーなどの味で豆乳の味も気にならなくなります。むしろ豆乳は牛乳よりもあっさりしているので、料理に使えば後味もスッキリします。

 

料理に使うのは面倒と考える人でも、たまになら楽しんで行えるでしょう。普段は他の飲料に混ぜながら豆乳を補給するようにして、飽きてきたり気分が乗らない時には料理に使うこともできます。

 

参考:クックパッド「豆乳レシピ」

 

まずくても豆乳を毎日続ける方法は?

 

豆乳がまずいと感じる人は、毎日続けることが苦になるかもしれません。ですが、自分に合う豆乳を探すことでも毎日続けやすくなります。豆乳を飲むのが嫌になる前に、自分好みのものに変えていくことがポイントです。

 

豆乳はメーカーによって味も風味も異なります。普通のものよりサラッとして格段に飲みやすい豆乳も販売されているので、飲み比べてみるのもおすすめです。

 

調製豆乳が飲めるのであれば、紅茶やコーヒーなどに入れることで更に飲みやすくなります。最初は少量から始めることもできるので、定期的に続けることを目標にしていきましょう。

 

ホルモンバランスも整える豆乳

 

ホルモンバランスを整えるには、女性ホルモンの働きが重要になります。豆乳に含まれる大豆イソフラボンにはエストロゲンと同じような働きをする性質があるため、生理やホルモンに関わるトラブル解消にも向いています。

 

ですが女性ホルモンは常に働いているので、一定期間だけ豆乳を補給するよりも毎日適度に取り入れることが大切なのです。他の飲料に混ぜたり、料理に使ったりしながらなるべく毎日摂取していくことでホルモンバランスの安定も見込むことができるのです。

 

 

まとめ

 

健康食品は自分のペースで続けていくことが大切なので、あまりこだわらずに豆乳を使える範囲を広げていくようにしましょう。大豆イソフラボンは豆類に含まれているので、どうしても豆乳がたくさん飲めないなら豆乳は少量にしても問題はありません。

 

他の栄養素もバランス良く摂取することが大切ですから、日々少しずつ飲んでいけば良いでしょう。普通の豆乳1パックを飲んでいれば、十分に大豆イソフラボンは摂取できています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加