このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと苦手でも豆乳を美味しく飲む方法をご紹介!

豆乳はちょっと工夫するだけで美味しく飲めます。

 

豆乳をもっと美味しく飲みたい人も、豆乳が「苦手だな」という人も参考にしてみてください。

 

豆乳には女性の健康に嬉しい効果がたくさんあるので、積極的に取り入れていきたい飲みものです。体にも優しく、いろいろなアレンジレシピもあります。美容や健康のために、豆乳を飲み始めたいと考えているなら美味しく飲みたいですよね。そんな希望を持っている人に、豆乳の美味しい飲み方を紹介していきたいと思います。

 

どんな風にすれば美味しく飲めるのかと同時に、更に豆乳の効果をアップさせる飲み方も知っておきましょう。

 

 

豆乳の味は独特なところもありますが、美味しく飲むための工夫をすればちょっと苦手な人でも大丈夫です。


 

おすすめの飲み方

 

豆乳には、たくさんの飲み方があります。普通にそのまま飲むだけでなく、他の飲料と混ぜて飲むことで美味しさを高めることができます。豆乳が少し苦手な方も、コーヒーや紅茶に入れれば抵抗なく飲むことができるでしょう。

 

豆乳を温める

 

豆乳を温める豆乳を美味しく飲みたいのであれば、まずは温めることが基本です。温めることで吸収率もアップさせることができるので、豆乳の栄養素をしっかり取り入れることができます。そのまま飲むことに抵抗があるなら、メープルシロップやはちみつ、黒糖などを混ぜるのも良いでしょう。

 

無調整豆乳なら、スープなどにも利用することができます。甘くするのではなく、水や野菜などを入れて塩コショウなどで味付をすれば簡単にスープが出来上がります。もちろんソーセージやハムなどとも合うので、牛乳の代わりに使って朝食や夕食の一品として利用することもできます。

 

豆乳を冷やしてみる

 

夏などはさっぱりとした飲み物が飲みたくなります。そんな時は豆乳を冷やしてみましょう。冷たい豆乳はカルピスや甘酒、ジュースなどともよく合います。よく冷えた豆乳なら匂いや癖が消えるので、苦手な人でも飲みやすくなるのがメリットです。

 

冷やして飲むと分離もしないので、何かと混ぜるのには最適です。味の濃いジュースなどと混ぜる時には無調整豆乳を使うことで、ミルキーな味わいになります。もちろん無調整が苦手な方は、調整豆乳でトライしてみましょう。

 

おすすめの美味しい豆乳レシピ

 

カフェなどでは、ソイラテなどが流行しているのでご存知の人も多いのではないでしょうか?お家でも簡単に、豆乳を使って美味しいカフェオレなどを楽しむことができます。もちろん紅茶やココアなど、豆乳の使い方はたくさんあります。

 

美味しく飲むためにはどうすればいいのか、コーヒーや紅茶に入れる時のちょっとしたコツを知っておくことで味わいも大きく変わります。では、カフェオレやミルクティーを豆乳で楽しみたい時のポイントをご紹介します。

 

コーヒーに入れる

 

コーヒーに豆乳を入れて美味しく飲むためには、ちょっとしたコツがあります。豆乳は温めると分離しやすいので、コーヒーに入れた時に見た目が悪くなってしまうことがあるからです。

 

これを防ぎたいなら、まずは調製豆乳を使うことが簡単な方法です。無調整豆乳は、にがりを入れれば豆腐が作れるようなタイプの豆乳です。これを温めすぎてしまうと塊ができてしまったりするので、既に砂糖や油が入っている調製豆乳を使うことでコーヒーと混ざりやすくする効果があります。

 

またお湯の温度を調整して少しぬるめに設定したり、レンジを使って軽く温めることでもカフェのようなソイラテを楽しむことができます。使うコーヒーはインスタントコーヒーで十分ですし、スティックタイプのカフェラテなどでもおいしく飲むことができるでしょう。自分だけの美味しい組み合わせを見つければ、毎日飽きずに豆乳を続けられます。

 

紅茶に入れてみる

 

豆乳は紅茶とも相性が抜群です。ミルクティーのようにすれば、豆乳の優しい風味を残しながら美味しく飲むこともできます。紅茶に豆乳を入れて美味しく飲むには、いくつかポイントがあります。

 

まずは紅茶を濃いめに淹れることです。ミルクパンなどを使って、じっくり茶葉を煮出せば濃いめの紅茶が出来上がります。ある程度煮出したところで豆乳を追加すれば、ロイヤルミルクティーのような味わいの紅茶を飲むことができます。

 

もちろんミルクパンを使うのが面倒な時には、電子レンジでも簡単に豆乳ミルクティーが作れます。その場合には少し長めにティーバッグを置いておきましょう。後は濃く作った紅茶を使って、豆乳をプラスしてチンするだけです。温めすぎなければ、分離することもありません。

 

どちらも最後にシナモンやきな粉をトッピングしたり、好みで黒糖やメープルシロップなどをかければちょっとしたデザート感覚で楽しむことができます。シナモンは体を温めてくれる効果がありますし、きな粉をトッピングすれば大豆の美容効果を更に高めることができるでしょう。

 

まとめ

 

豆乳はアレンジレシピを活用することで、美味しく飲むことができます。
もともと豆乳が好きな方も、アレンジをしていくことによって自分だけのオリジナルレシピを作ることを考えていきましょう。

 

飽きずに長く豆乳を続けたいなら、どのようにすれば豆乳を美味しく飲めるのか知ることが重要です。ただし、だからといって糖質や脂肪分があまりにも多く配合されている豆乳を選んでしまうと肥満の原因になってしまうこともあります。

 

上記のように美味しく豆乳を飲みたいのであれば健康にも配慮しつつ、お口にもカラダにもやさしい豆乳を選ぶといいでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加