このエントリーをはてなブックマークに追加

生理中の豆乳ダイエットで痩せやすいカラダをつくりましょう!

生理前〜生理中にかけて豆乳を飲むことで痩せやすくなります。

 

生理前から生理中にかけて体重が増えて困ってる」という方も多いのではないでしょうか。

 

生理前から生理中にかけて女性の体重は増加しやすくなります。なぜ、増加しやすい傾向にあるのかというと「カラダのなかで分泌されるホルモン」が影響しています。

 

後ほど詳しく紹介しますが、生理前から生理中にかけて分泌されるホルモンの影響で食欲が増進されたり、水分を溜めこんだりして太りやすい状態になります。

 

カラダが妊娠をする準備を始めるためです。長い妊娠生活に向けて少しでも多くの栄養を蓄えておこうとするわけです。

 

では、「豆乳」はどのようにして痩せやすいカラダを作ってくれるのでしょうか?

 

豆乳に食欲を抑える力があるのか、それとも体のなかに溜まった水分を排出する力があるのか?一体、豆乳にはどのような効果が期待できるのでしょうか?

 

これより豆乳に秘められた「ダイエット効果」について詳しくご紹介したいと思います。

 

 

生理中のダイエットに「豆乳」が効果的な理由をお伝えします。ここで紹介する効果については「誰しもに必ず効果がある」といったものではありませが、ダイエットに役立つ一つのアイテムとして豆乳の効果をご紹介します。


 

豆乳で痩せやすいカラダをつくる〜豆乳に秘められた2つの効果〜

 

実は、豆乳に含まれる栄養素と、豆乳の「ある働き」が痩せやすいカラダを作るのに強い味方となってくれます。

 

「痩せやすいカラダを作るため」の「豆乳の効果」には主に次の2つの作用があります。

  • 基礎代謝を上げる
  • 間食予防

 

良質なたんぱく質で基礎代謝を上げて「痩せやすいカラダをつくる」

 

ダイエットと聞くと「食事制限やハードな運動」に意識がいってしてしまいがちです。ご経験がある方もいるかもしれません「過度な食事制限やハードな運動」は大抵の場合3日坊主で終わってしまいます。
無理なダイエットは長続きしないのです。

 

基礎代謝を上げるそうではなく、普段通りの生活のなかで基礎代謝を上げ「痩せやすいカラダをつくる」ことが大切なのです。

 

痩せやすいカラダをつくるには「良質なたんぱく質」を摂ることが大事です。豆乳に含まれる植物性のたんぱく質である「大豆たんぱく質」は、動物性のたんぱく質に比べて低カロリーなうえ、基礎代謝能力を上げてカロリーの消費を促します。

 

良質な植物性たんぱく質で痩せやすいカラダをつくることができるのです。

 

大豆たんぱく質は腹もちが良く間食予防に最適です

 

豆乳に含まれる植物性の「大豆たんぱく質」は、腹もちが良くコップ一杯の豆乳で満腹感が得られます。

 

生理前や生理中はすぐにお腹が空いてしまいます。美味しそうな料理やスイーツを見るとついつい甘い誘惑に手が伸びてしまいそうになりますが、そういった時はコップ一杯の豆乳を飲んでみてください。

 

大豆たんぱく質は少しの量で満腹感が得られ長続きします。次の食事まで空腹感を抑えることで間食を予防することができるかもしれません。

 

豆乳は、糖質の少ない飲み物ですので、腹もちが良く脂肪の素となる糖質の摂りすぎを抑えてくれます。

 

 

「生理の時に豆乳を飲んでも痩せないよ」という2つの理由について

 

なかには「生理中に豆乳を飲んでも痩せないよ」と言われる方もいます。

 

なぜ、このように思われてしまうのかというと、冒頭でもお伝えしたとおり「女性ホルモンのはたらき」がダイエット効果を阻害してしまうからです。

 

生理前から生理中にかけて分泌される黄体ホルモンのはたらき

 

生理前7日から10日前は「黄体ホルモン(プロゲステロン)」という女性ホルモンが多く分泌されるようになります。

 

黄体ホルモンは食欲を増進させたり、水分を溜めやすくしてしまう作用があり、この時期に「痩せにくい」「1kg〜3kgくらい太る」と感じられる方も多いのではないでしょうか?

 

それは、黄体ホルモンのはたらきによるものです。

 

「生理中に豆乳を飲んでも痩せないよ」と言われている方は、生理前から生理中にかけて黄体ホルモンが分泌される「痩せにくいタイミング」で豆乳を飲んでしまっている方かもしれません。

 

普段の体重より1kg〜3kg増えた状態からダイエットを始めれば効果が得られにくいことが想像できると思います。

 

豆乳が直接的に体重を減らすわけではありません

 

「豆乳はダイエットに効果的」と聞くと、「豆乳が直接体重を減らしてくれる」と思いがちですが、そうではありません。豆乳が直接的に脂肪を燃焼させたり、カロリーを分解してくれたりするわけではないのです。

 

先ほども言いました、豆乳には「痩せやすいカラダをつくる」という効果が期待できます。ですが、「必ず痩せる」と断言できるような効果はありません。基礎代謝を上げたり、間食の予防に役立ったりすることで痩せやすいカラダをつくることが豆乳がダイエットに向いていると言われる理由です。

 

ですので、ただ単純に豆乳を飲んでいればよいというわけではなく、私たち自身もしっかり向き合う必要があります。「豆乳を飲んでも痩せない」と言われる方は豆乳やその他のアイテムに任せっきりな部分もあるのかもしれません。

 

おすすめの豆乳の摂り方

 

豆乳ダイエットで飲む量は「1日1杯」で充分です。1日のなかで好きな時間にコップ1杯の豆乳を継続的に飲むことで高い効果が得られます。豆乳を水のようにガブガブ飲んだからといって効果が高くなるわけではありません。

 

特に、豆乳などの大豆製品は女性ホルモンの働きと関係が深く、飲み過ぎると体調を崩してしまう恐れもあります。1日1杯、朝起きて、ランチの時に、寝る前に、いつでもいいので継続して飲むようにしましょう。

 

おすすめの豆乳とおすすめできない豆乳

 

こんな豆乳はおすすめできないかも・・
  • カロリーが高い
  • 香り付け成分がたくさん入っている
  • 効果が立証されていない

 

豆乳には、カロリーが高いものや飲みやすくするための香り付け成分がたくさん入っているものがあります。そういった商品は安価で購入できる反面、ダイエットとしての効果は低くなるでしょう。

 

このような豆乳は、ダイエットには適していないといえます。

 

おすすめの豆乳

 

ダイエットを目的に豆乳を飲むなら、

 

  • カロリーが低い
  • コレステロールなどを下げる効果がある

 

そういった商品がおすすめです。特に、トクホ(特定健康保健用食品)に認定された商品など効果が立証されている商品がおすすめです。

 

こちらのページでは、低カロリーなうえにコレステロールを下げる効果が立証された豆乳「ハイ!調製豆乳」について詳しく紹介しています。なかなか痩せられなくて困っている方はぜひご覧になってみてください。

 

ハイ!調製豆乳の効果・効能と口コミ評判

 

その他のおすすめの豆乳については、当サイトのトップページ(おすすめ豆乳ランキング)でおすすめの豆乳をランキング形式で紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

 

ここまで「豆乳には痩せやすいカラダをつくる効果がある」ということについてご紹介してきました。豆乳には、

  • 基礎代謝を上げる
  • 間食を予防する

効果が期待できます。生理前〜生理中にかけての体重の増加についてお困りの方は、ぜひ豆乳を使って痩せやすいカラダをつくってみてください。もしかすると体重計に乗るのが楽しみになるかもしれませんよ。

 

1日1杯の豆乳で自信が持てるなら安いものではないでしょうか。豆乳にはコレステロールを下げる効果もあります。BMIが高いと感じる人や健康診断で指摘を受けた人にも豆乳はおすすめできます。

 

コレステロールを下げる効果についてはこちらを参考にしてください。

 

▼  ▼  ▼

生理ハイ!調製豆乳ディスプレイ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加