このエントリーをはてなブックマークに追加

豆乳でコレステロールを下げる!

 

豆乳には、高くなった悪玉コレステロールを下げる効果があります。

 

豆乳のコレステロールは下げる

 

豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」などの成分にコレステロールを下げる効果が期待できます。

 

その他にも豆乳には、カルシウムやマグネシウム、ビタミンなど女性に嬉しい美容成分や健康維持成分が豊富に含まれています。

 

しかし、全ての豆乳に「コレステロールを下げる効果」や美容、また健康維持効果が認められているわけではありません。

 

豆乳選びは、実際に「効果が実証されている商品」や「トクホ(特定健康保健用食品)認定」など、国などからその効果を認められた商品を選ぶようにしましょう。

 

豆乳選びの3つのポイント

豆乳選びの3つのポイント

コレステロールを下げる効果が実証されている

豆乳は実際にコレステロールを下げる効果が実証されている商品を選びましょう。

 

トクホに認定されている豆乳

トクホ(特定健康食品)に認定された商品は「コレステロールを下げる効果」など、その効果が実際に立証されています。

 

続けやすい工夫がされている

豆乳を毎日続けるには、価格やおいしさなど続けやすい工夫がされている商品を選びましょう。

 

 

おすすめ豆乳ランキング

ハイ!調製豆乳

 

トクホ認定豆乳!累計販売数3,000万本突破!!

 

トップディスプレイ枠内ハイ!調製豆乳

  • コレステロールを下げる効果が実証!
  • トクホ(特定保健用食品)認定
  • 低カロリー(100ml当たり52kcal)
  • 累計3,000万本突破!
  • コレステロールを下げる効果を実証


価格 容量 おすすめ
2,430円

1本当り81円

200ml×30本

 

定期コース 初回限定50%OFF!!キャンペーン

▼  ▼  ▼

ハイ!調製豆乳の詳細を見てみる

 

 

しみこむ豆乳飲料

 

トップディスプレイしみ込む豆乳

 

  • コレステロール『0』ゼロ!
  • 1本当たりのカロリー83kcal
  • 初めてのトライアルセット割引き!

価格 容量 おすすめ
1,950円

1本当たり163円

200ml×12本入り

 

初回トライアルキャンペーン

▼  ▼  ▼

しみこむ豆乳飲料の詳細を見てみる

 

 

 

低糖質豆乳飲料

 

トップディスプレイ低糖質豆乳飲料

  • 糖質90%OFF
  • 腹もちバッチリ!
  • ココナッツオイル配合
  • 美容成分もたっぷり

価格 容量 おすすめ
1,950円

1本当り162円

200ml×12本入り

4玉〜5玉分

 

低糖質豆乳飲料の詳細を見てみる

 

 

いちばんのおススメは【ハイ!調製豆乳】

 

 

販売累計3,000万本突破!「新クリアー製法」により作られた豆乳は、大豆特有のザラつきや青臭さがなくスッキリとした味わいで味覚に敏感な女性にもおいしく飲むことができます。【栄養と味覚】を兼ね揃えた「ハイ!調製豆乳」は、その効果と実感度から販売累積3,000万本を突破しています。1本200ml入り(コップ1杯ほど)のボトルが30本入って2,430円。(定期コース時の初回限定価格の場合)約1ヵ月分です。1本当たり81円、栄養ドリンクやジュースを我慢するだけでコレステロールを下げることができるかもしれません。

ハイ!調製豆乳はこちら

 

豆乳にはコレステロールを下げる効果があるってホント?

 

豆乳のコレステロールを下げる効果

 

豆乳にはコレステロールを下げる効果のある商品があります。

 

ただし、これは全ての豆乳商品にコレステロールを下げる効果があるのではなく、国からその効果を認められた商品に限られます。特定健康保健用食品、通称「トクホ」は、国の厳しい基準によりその効果を実証できた商品にのみ許される称号です。

 

国から認定を受けた商品だけ「トクホ」と表示できます。

 

豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」は、「植物性エストロゲン」とも呼ばれ、女性が美しくあるために必要な体内分泌ホルモン「エストロゲン」とその構造が似ています。

 

そのため、女性ホルモンと似た働きをすることが分かっています。

 

大豆イソフラボンには、コレステロールを下げる効果以外にも、血中脂質や内臓脂肪を下げる働きがあることも数々の研究から証明されています。

 

なぜ、コレステロールが上がってしまうのか?

 

血液中のコレステロールは一般的にコレステロールや動物性脂肪の多い食事の摂りすぎにより高くなります。

 

動物性脂肪とは、チーズやラード油、牛肉や豚肉など脂っこい食べ物です。これらの食品には、食品そのものにコレステロールが含まれているのはもちろんのこと、カラダのなかでコレステロールを増やしてしまう作用もあります。

 

コレステロールとは「血液の中にある脂肪」のことで、増えすぎてしまうと動脈硬化の原因となり、行く末は脳梗塞や心筋梗塞など重大な病気になってしまいます。

 

更年期に差し掛かった女性は高リスク

 

女性の方は、更年期に差し掛かるとコレステロールが上がりやすい傾向にあります。女性は更年期になると血液の中に含まれる女性ホルモンの量が減っていきます。

 

女性ホルモンには、血液中のコレステロールを抑える働きがあるのです。

 

更年期はコレステロールが上がりやすい

 

よって、更年期には女性ホルモンの分泌が減少することで抑えが効かなくなりコレステロールが上昇していきます。

 

更年期に差し掛かった女性は油ものばかりを食べているわけじゃなくてもコレステロールが上がりやすく高リスクな状態になります。

 

豆乳に頼らずにコレステロールを下げる方法

血液中に含まれるコレステロールや中性脂肪が高い状態を「脂質異常症」と言います。閉経後の女性の2人に1人が脂質異常症だと言われており、男性同様に動脈効果につながり、心筋梗塞や脳梗塞の原因とります。

 

血中のコレステロールを下げるには、食生活や適度な運動、禁煙、節酒を心掛けるようにしましょう。

 

コレステロールを下げる4つのポイント

 

  • 食生活の見直し
  • 適度な運動
  • 禁煙
  • 節酒
食生活の見直し

 

卵や牛肉、豚肉、たらこなどの動物性脂肪分には多くのコレステロールが含まれています。まずは、これらの動物性脂肪分である「脂」の摂取を控えるようにしましょう。

 

次に、動物性脂肪ではなく『植物性脂肪』コーン油やベニバナ油、魚の油などに含まれる「多価不飽和脂肪酸」を多く摂るようにしていきます。

 

多価不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる作用があるからです。最近、テレビや雑誌などの健康特集で必ずといっていいほど話題になる『DHAとEPA』。

 

なぜ、DHAとEPAに注目が集まっているのでしょうか?

 

DHAとEPAがコレステロールを下げる

 

それはDHAとEPAには不飽和脂肪酸が多く含まれているためです。DHAとEPAに含まれる不飽和脂肪酸を多くとることで血中のコレステロールを下げ、脳卒中や心筋梗塞などさまざまな生活習慣病を予防できるのです。

 

サンマ
DHAとEPAはマグロ、ブリ、サバ、サンマ、イワシなどの青魚に多く含まれています。

 

イワシは7月〜9月の間にはDHAとEPAの量が数倍にもなることから、旬の時期に食べるのが最も効果的です。

 

適度な運動

ジョギング
動脈硬化症の予防には運動が1番と言われています。

 

血液中のコレステロールや中性脂肪は食生活よりも「適度な運動」の方が影響度は大きいと言われています。

 

2日に1度のジョギングが血液中の悪玉コレステロールを下げ、逆に善玉コレステロールを上げたという研究結果も発表されています。

 

テニスやダンスなどのハードな運動よりも、軽めのジョギングや早歩きウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。

 

禁煙をする

 

たばこは悪玉コレステロールを変性させ、血液の壁にくっつきやすくします。それは、動脈硬化の促進につながり、心筋梗塞や脳梗塞などの疾患へつながってしまう可能性があります。

 

たばこにより総コレステロールと悪玉コレステロールを増加させ、動脈硬化予防となる善玉コレステロールを低下させてしまいます。さらには、血管内の「内皮細胞(動脈の内側を覆う細胞)」を傷つけ、血栓の元を作り出してしまいます。

 

喫煙はその他にも肺がんや子宮頸がん、胃がんなどの発症率を上げてしまいます。

 

最近では、病院と協力して禁煙をすることもできますし、ニコチンが含まれていない電子タバコなども販売されています。そういったものを積極的に活用して、なるべく早く禁煙をしましょう。

 

節酒をする

 

お酒を飲むと血液中に含まれる中性脂肪の量が増加します。

 

血液中のコレステロールや中性脂肪が異常に増えてしまう状態を『脂質異常症』と言いますが、飲酒はその原因となります。脂質異常症に自覚症状はありませんが、動脈硬化につながります。

 

お酒を常習的に飲んでいる人は、つまみとして食べる脂肪分の他に肝臓で作られる中性脂肪が増加することも知られています。肝臓で作られる中性脂肪は、お酒の量に比例して増えていきます。

 

1日1杯が基本!女性はその半分

 

お酒は1日1杯

 

このように、お酒の飲み過ぎは中性脂肪を上げてしまう原因となるため節酒を心掛ける必要があります。

 

『酒は百薬の長』と言われます。
飲み過ぎは禁物ですが、1日1杯(日本酒なら1合程度)、女性ならその半分までが推奨される飲酒量となっています。

 

参考ページ

 

生理中のダイエットには豆乳がおすすめ! 痩せやすいカラダをつくる2つの効果
生理中の豆乳ダイエットの注意点と効果的な飲み方をご紹介!

 

開封後の豆乳の賞味期限はどれくらい?封を開けても賞味期限内なら飲んでも大丈夫?
開封後は賞味期限に関係なくなるべく早めに飲むようにしましょう。

 

豆乳の飲み過ぎに注意 | 豆乳「イソフラボン」の過剰摂取は危険です!
豆乳の飲み過ぎは要注意です!過剰摂取した場合のリスクについてまとめました。

このエントリーをはてなブックマークに追加